アストラゼネカ株式会社様、社内会議にてケータイゴング(iPad版)をご利用頂きました

去る2012年1月30~31日の2日間、アストラゼネカ株式会社 オンコロジー・麻酔クリティカルケア事業本部様での社内会議にてケータイゴングをご利用頂きました。

アストラゼネカ様事例写真1 アストラゼネカ様事例写真2

今回は3G回線を用いず、無線LANルーター4台を用意し、Wi-Fi版のiPad50台にてご利用頂きました。各テーブルごとに1台、代表者が回答するという形式です。また、従来の携帯電話用のケータイゴングではなくiPad専用に開発されたシステムをご利用頂きました。

従来とは違った形でのケータイゴング、どのようにご利用いただき、活用されていたのでしょうか?

今回の会議の担当者様にご感想をいただきましたので、ご紹介させて頂きます。

Q1:ケータイゴングを利用した全体的な感想を教えてください。
今回初めて、iPadを利用したケータイゴングを使用しましたが、従来のアンケートアナライザーに比べて、集計のスピードが速く、ストレスなく集計ができることで会議の参加者の参加意識がより高まりました。
また、質問文と集計結果が、iPad上でも確認出来ることが、投票者にとっては面白かったようです。

Q2:ケータイゴングを利用して一番盛り上がったポイントを教えてください。
ケータイゴングを利用した場合、最も大切なのは、どのような質問を会場の参加者へ投げかけるかということになると思います。
今回の弊社の会議では、2日にわたる会議であったため、2日目の初めに、「初日の会議で印象に残ったパートは?」といった設問を入れました。
盛り上がったかどうかは別にして、会議の振り返りを質問文として選択させることにより、今までより簡単に、参加者が初日の会議を思い出すことにつながったと思います。

Q3:今後ケータイゴングに追加して欲しい機能や改善点等があれば教えてください。
現在の仕様では、選択肢が単一回答のみになっていますので(アナザーブレイン注:iPad版のみ)、複数回答ができるようになれば、より使用する場面が増えてくると思います。
また、集計結果をスクリーンに映した場合、文字が小さかった(会場が広かったため)ので、質問項目や選択肢の文字が太字であればよかったと感じました。
加えて、質問項目の文字数について、折り返して多くの文字が表示できるようになれば助かります。

Q4:参加者様からの感想があれば教えてください。
集計が早い。画面がきれい。研究会で使ってみたい。などの感想を聞きました。

Q5:今回、iPad版でのご利用でしたが、携帯電話版と比較して感じた違いや、メリット・デメリットなど、ご感想をお聞かせください。
iPadであれば、参加者全員に持ってきていただくのが難しそうだと思います。
携帯電話なら、持っていない人はごく少数だと思いますが。

以上、ご感想ありがとございました。度重なるご協力に重ねて感謝申し上げます。頂いたご意見は今後の開発にフィードバックさせて頂きます。

今回は全端末がiPadという異例の内容でしたが、うまく活用されていらっしゃったようで本当にありがとうございます。

また何かの機会にご検討頂けますと幸いです。

※iPad版は正式リリースしておりません。詳しくは弊社営業担当までお問い合わせください。