ケータイゴングとは?

参加型イベント用ケータイアナライザー・トータライザー

参加型イベント用ケータイアナライザー・トータライザー、それが『ケータイゴング』です。
セミナー
シンポジウムパーティ懇親会など、会場に設置されたスクリーンとイベント参加者様のお手元にある携帯電話が連動することで、イベント参加者様の意見を引き出します。
リアルタイムにスクリーンに映し出し、 これまで壇上からの一方通行になりがちだったイベントが一体感のあるインタラクティブなイベントへと生まれ変わります。

さらに、従来のアナライザートータライザーと違い、特殊な機材をレンタルしたり、専門のオペレータも必要ございません。
ケータイゴングはインターネットを通じたSaaS(ASP)サービスなので、ケータイとネット環境があればどんな場所でも簡単にアナライザートータライザーが導入できます。

投票結果リアルタイムグラフ表示される「ゴングボード
メールで送信した質問を即時にスクリーンに表示される「メッセージボード
テレビ番組の「スイッチオン」や「100人アンケート」等の企画が出来る「デジタルカウンター
テレビでよく見る、全員参加型のクイズが出来る「クイズボード

参加人数の大小やイベントの硬軟にかかわらず多種多様なイベント企画に対応する参加型アトラクションを実現いたします。

イベントをケータイで参加型にする

学会やセミナーからパーティや懇親会など大小どんなイベントでも盛り上げます

学術会議シンポジウムなどの大規模セミナーから50人程度の小規模の勉強会
1000人規模の社内キックオフイベントや部・課単位の懇親会や忘年会
ラジオやテレビ番組視聴者参加企画
展示会・街頭でのSPイベントetc・・・
イベントと呼ばれる様々な場面においてキーワードとなるのは「参加型」「双方向」「インタラクティブ」です。参加者の意見をいかにイベントに反映させるかというのはいつの時代もイベント企画担当者の頭を悩ませる問題でした。

アンケート用紙で集めても集計に時間がかかってしまいます。
挙手での質疑応答も大人数の前ではなかなか手が上がらないのが現実です。



専用のアナライザー/トータライザーなどの機材の導入は非常に高価でなかなか使用機会が限られてしまいます。

もっと手軽に参加してもらいたい。そんな悩みをケータイゴングが解決いたします。
複雑な配線や専用機材などは一切必要ありません。
参加者が持っている携帯電話から即送信。集計結果は即時にグラフや数字となって表示されます。


参加者の生の声がそのまま反映されるので、今までにないライブ感が生まれ、予定調和ではない会場全体が一体感に包まれるそんなイベントが簡単に演出できます。
また、投票内容や送られたメッセージやクイズの回答状況はイベント後分析が可能です。イベントを開催しただけで終わらず、効果測定や実際に参加した人の実数調査などが可能です。

参加型イベント用アナライザー「ケータイゴング」提供形態

シンプルな構成でどんな会場でもすぐに導入可能

ケータイゴングは、SaaSという仕組みでご提供させていただいております。
当社のインターネットデータセンターにおいてある、サーバー機器およびケータイゴングシステムの利用権を、ご契約いただいたお客様に、一定期間お貸し出しいたします。

ケータイアナライザートータライザーケータイゴングシステム概念図

ケータイゴング利用にあたって必要な準備物(環境)は、インターネットに接続したパソコン、プロジェクター、会場が携帯電話各社の圏内であること、これだけでケータイゴングのご利用が可能です。(詳しくはこちらをご参照下さい。


junbi