ゴングボード

コンテスト投票集計・セミナー・シンポジウム・展示会出展 意識調査に!

イベント用アナライザー(トータライザー)ケータイゴング?ゴングボード

四大特長

一方通行だったイベントを双方向・参加型イベントに

ゴングボードは、携帯から送信された投票データをリアルタイムにスクリーンに表示する、アナライザー・トータライザー機能です。
集計作業のために来場者をお待たせすることなく、結果を発表でき ます。例えば、セミナー・シンポジウムなどで、来場者に意識調査を行い、その結果に基づいた内容でイベントを進行することが可能です。来場者は投票に参加 することで、今まで「見る」だけだったイベントに参加することができます。

イベント用アナライザー(トータライザー)ケータイゴング?ゴングボード

投票結果は2種類のグラフで表示

ゴングボードは投票データを「棒グラフ」または「円グラフ」で、投票数を「実数」または「割合(%)」で表示できます。
それぞれの表示の切替は、1クリックするだけの簡単操作ですので、投票内容によって使い分けていただくことができます。例えば、「コンテスト」「人気投票」など投票数で順位を決定する場合には棒グラフを、「意識調査」などで投票数を割合で表示する場合には円グラフがオススメです。

イベント用アナライザー(トータライザー)ケータイゴング?ゴングボード

クロス集計機能

ゴングボードのみの機能としてクロス集計機能が追加されました。
例えば属性(性別や職業、年代)ごとの投票分析などにご利用になれます。

クロス集計例

1~9回の投票制限が可能

ゴングボードは投票回数を、お一人さま1~9回の投票制限または無制限からお選びいただけます。設定回数を超えた端末(携帯電話)からは、それ以上投票できなくなります。設問ごとに設定を変更できますので、設問の内容に応じてお選びください。

イベント用アナライザー(トータライザー)ケータイゴング?ゴングボード

※設定された投票制限回数を超えると、それ以上投票できなくなります。

イベント用アナライザー(トータライザー)ケータイゴング?ゴングボード

※設定された投票制限回数までは続けて投票できます。制限回数を超えると、
それ以上投票できなくなります。

ゴングボードの仕様

クロス集計機能※クロス集計の対象とできるゴングボードの条件は回答制限が一票のみの設問だけです。
最大20の設問(お題)を設定可能 ※25文字(推奨)/50文字(制限)
最大8つの選択肢を設定可能 ※25文字(制限)
投票締切はいつでも可能
数値リセットは何回でも可能
投票結果はケータイでも確認可能
お一人様1回~9回の投票制限が可能
帯グラフ形式と円グラフ形式を選択可能
ロゴなどを利用したオリジナルデザインでのご利用も可能(オプションメニュー)
カスタマイズすることにより、様々な機能を追加することが可能(オプションメニュー)
ご準備いただくもの
インターネット接続環境(ブロードバンド推奨)
WindowsOS搭載パソコン(推奨スペック
プロジェクター
スクリーン
※なお、会場の携帯電話の電波は事前にご確認下さい。